子供の好き嫌いに立ち向かう最大の武器は?|5歳女の子

何でも好き嫌いなく食べる子に育って欲しいと思い、離乳食や幼児用の本や雑誌に目を通し、食べる意欲をそそる効果が期待できるという可愛い型抜きやピックをそろえました。

 

でも、我が子が好きな食べ物は、どちらかというと、可愛い系のものより渋めのもの、手間をかけたものよりシンプルなものばかりです。

 

例えば、オリーブ。

 

2歳の秋はこれにはまり、型抜きした卵焼きにも、お野菜にも目もくれてくれませんでした。

 

オリーブは塩分量が高いので、ブームが過ぎて、見向きもしなくなった時、どれ程、ほっとしたか分かりません。

 

その後、到来したのが、ヨーグルトブームです。

 

これもかなり長いこと続きました。

 

スパゲッティやごはんにもかけて食べると言われた時は、正直、若干引きましたが、受け入れました。

 

娘の食べ物に関する好き嫌いは、何かブームが到来して、その後、全くそれを食べなくなるというのの繰り返しです。

 

色や可愛さは問題ではありません。

 

ちなみに、前述の2つ、あれ程、好きだったのに今は食べられないと言い、今は麦系のある食品にはまっています。

 

これが彼女の食のスタイルです。

 

そう割り切れるようになるまでには、正直、時間がかかりました。

 

でも、割り切れるようになったら、お食事の時間が楽しくなり、娘の食への固執も若干減った気がしています。

 

ママの気持ちを楽に保つ、これが子供の好き嫌いに立ち向かう最大の武器だと思います。

 

(5歳・女の子)

 

関連リンク:トマト嫌いの甥っ子にサラダごと拒否されてしまった。|5歳の男の子